不動産投資の新しいスタイルJ-REITの仕組みについて調べまとめました

不動産投資の新しいスタイルJ-REITの仕組み

J-REITとは?

J-REITとは、「不動産投資法人」と呼ばれる、会社のような形態で不動産に投資を行う、投資信託の仲間です。J-REITに投資する投資家たちは、株式会社でいうところの株式に当たる「投資証券」をJ-REITから購入します。J-REITは投資家から預かった資金をもとに不動産などに対して投資し、購入した物件の賃料収入や、物件の売買で得られた収益を投資家に分配します。

不動産は株式に比べると流動性が低く、取引価格も分かりにくい傾向にあります。不動産に対して投資を行う投資信託の場合、投資家の解約に応じて随時、投資先不動産の売却を行う、または設定に応じて不動産を購入するといったことは困難です。

J-REITは、証券取引所に上場し、市場で売買を行うことにより、本来であれば難しい不動産投資における流動性を確保しているのです。

J-REITのメリット

従来の不動産投資と比較して、J-REITのメリットについて考察しました。

少額で始めることができる

本来ならば、不動産へ投資をするためには多額の資金が必要になります。しかし、投資証券を手軽に購入することができるJ-REITであれば、個々の投資家は少ない金額で投資活動を開始することができます。

複数の不動産への分散投資が可能

J-REITでは多くの投資家から資金を集めることができ、大きな資金として運用されるため、個人では難しい複数の不動産への分散投資が可能になります。これにより、リスクを軽減することもできます。

物件の維持やテナント管理が不要

J-REITは不動産投資の経験豊富なプロによって運用され、不動産に関連する業務を行う業者を選択・監督・指示します。このため、通常の不動産へ直接投資する場合のような物件の維持やテナント管理といった手間が省けます。

換金性が高い

J-REITは証券取引所に上場されているため、購入や売却の注文がいつでも可能となり、日々変動する価格をリアルタイムで知ることもできます。上場株式と同じく、成行注文や指値注文も行うことができるため、流動性や換金性が高いのが特徴です。

収益物件を所有しているのと同様に収益を受け取れる

J-REITは利益のほとんどを投資家に分配する仕組みになっています。このため、実際の不動産そのものに投資するのと同様に、不動産からの収益を毎期の分配金として受け取ることが可能です。

J-REITのデメリット

しかし、このように多くのメリットを持つJ-REITにも一方でデメリットがあることも忘れてはいけません。それは従来の不動産投資が持つ「金利変動リスク」や「空室リスク」、建物の維持・管理に掛かるリスクとは別の、不動産投資法人だからこそのリスクが伴うという点です。

例えば証券取引所が定める上場基準に抵触し、上場廃止になった場合には、取引が著しく困難になる危険性があります。或いはJ-REITは一般の法人と同様に倒産する可能性もあります。このリスクが表面化した場合、価格が著しく下落することもあり得ます。

また、J-REITは証券会社に口座を開設し証券会社を通じて証券取引所で売買を行うため、投資家は証券会社に「株式売買手数料」を支払う必要があります。

購入の前にこういったデメリットを十分に理解し、そのうえで最大限に益を得られるよう活用しましょう。

名古屋で収益物件売買や不動産投資の相談をするなら
おすすめの会社BEST3
総合評価第1位
ホームプランナー

売り主の希望や予算に合わせて不動産が持っているマイナス要素の解消を提案、問題解決した価値の高い不動産として高値で売り出してくれます。

総合評価第2位
三井住友トラスト不動産

居住用不動産だけでなく、相続不動産や遊休不動産、投資用・事業用不動産の売却を「安全・安心・確実」の3つのキーワードに従って成功に導きます。

総合評価第3位
東急リバブル

数多くの不動産仲介実績を元に最善の販売計画を提案し、東急グループ独自の全国ネットワークと販売経路を使って、希望に合わせた売却をサポート。

ページのトップへ