収益物件の売却において重要なポイントについて調べまとめました

収益物件とは?物件売却において重要な事リスト

収益物件とは?

収益物件とは、年金のような定期収入を得ることを含む財産形成を目的として購入する不動産のことです。かつてはアパートやマンションの一棟丸ごと購入して賃貸経営を行うケースが主流でしたが、本業とは別に月々の収入をあと少しだけ増やしたい、老後の年金代わりに定年後の定期収入が欲しい、といったような目的で1室あるいは複数室のみを購入するという不動産投資の形も増えてきました。

しかしそれに伴って、期待とは裏腹に賃貸経営が思うようにいかずに売却を考えるというケースも増えています。その他、高齢化社会に伴って両親から相続した収益物件を経営していく自信がなく、売却して手放したいというケースも増えているようです。こちらでは、不動産を売却するにあたって必要なことやその流れについて、特に収益物件だからこそ気をつけなければならないポイントと合わせてご紹介したいと思います。

物件売却において重要なこと

収益物件を高く売るコツとは?

できるだけ収益物件を高く売りたいというのは、すべての売り手共通の希望であることは間違いないでしょう。高値売却を達成するためにとにかく複数社に査定に出していちばん高額査定をしてくれた不動産会社を選ぶ、という方法がいかに危険で間違っているか、というのをご説明したいと思います。高く売るためにオーナーが事前にやるべきこと、考えておくことはたくさんあります。

間違ってはいけない売却のタイミング

不動産は売却するタイミングによって売却益が大きく変わってきます。そのためタイミングを計ることは非常に大切なのですが、いつ売るかを決める際に目を配っておかなければならない点を見落とさないようにしましょう。売却のタイミングは、多方向からあらゆる視点で考えた後に決定する必要があります。一般的に言われている売却タイミングを鵜呑みにせず、自分のケースでの最適なタイミングを見極める必要があります。

収益物件を売却する際の注意点を紹介

不動産を売却する際には、その不動産に関する書類をいくつか揃えておかなければなりません。購入時から保管してあるはずの書類もあれば、役所で手続きをして発行してもらわなければならないものもありますので、早めの準備が必要です。その他、売却を行う際にオーナーが特に注意しておかなければならないポイントについて、「瑕疵担保責任」と「高額査定に潜む危険」の2点に絞ってお伝えしたいと思います。

収益物件を売却する際の費用と流れ

実際にオーナーが収益物件を売却しようと決めてから売却完了までの流れを順を追って見てみましょう。それぞれの段階において注意すべき点を一緒にご紹介しますので、売却をお考えの方は是非参考にしてみてください。また、売却の際には思ったより出費がいろいろと発生します。仲介業者に支払う仲介手数料や登記費用など、だいたいどの程度の出費があるかを事前に把握しておきましょう。

査定額と売却額にはなぜズレが生じるの?

売却したい物件について、不動産会社に依頼してその価値を査定してもらって算出されるのが査定額。査定額の算出方法は不動産会社によって異なるため、それぞれ算出される査定額も様々です。そしてその後決定した購入者に対して物件が売却される金額を売却額と言います。この査定額と売却額の間には大きな開きがあるケースも多く、ここではそのカラクリについてご説明したいと思います。

相続税と資産税の節税方法をご紹介

相続した収益物件を売却するタイミングについて、相続税や譲渡所得に対する税率などを考慮し、考察しました。また、年度の途中で物件の持ち主が変わった場合、固定資産税の負担金額はどのように算出されるのか、詳しく調べまとめました。どちらも物件売却における節税の知識にもなりますので、売却を行う際にオーナーが特に注意しておかなければならないポイントになります。

不動産投資の新しいスタイルJ-REITの仕組み

「不動産投資法人」と呼ばれる、会社のような形態で不動産に投資を行う、投資信託の仲間「J-REIT」について、その詳しい取引の仕組みや投資家の特徴、「投資証券」の購入の仕方、従来の不動産投資と比較したときのJ-REITのメリットやデメリットについて解説しています。

サラリーマンが不動産投資を会社に知られたくない時にすべきこと

「不動産投資」で副収入を得たいと考えるサラリーマンの方は多くいます。そんな時、まず確認すべきはお勤め先の就業規則!不動産投資は本業には支障がないとみなされる傾向にあるようですが、アナタの会社は?!そのほか、会社に知られたくないときなど、留意点などをご紹介しています。

収益物件において空室よりも怖い「家賃滞納」

収益物件の運用にあたって、コワイことはなんでしょう?「空室がでたらどうしよう!!」実は「家賃滞納」の方がそれより怖いとされています。万一、そんな状況に遭遇してしまったら、結局未払いのままで泣き寝入りとなってしまわないよう、どのような対策方法があるのでしょうか?

収益物件を守るための保険活用

やっと実現した収益物件!長期的に安定して収入を得るために物件を守っていく保険の活用法とは?!その保険で大丈夫?補償内容の把握は?「保険に入っているから大丈夫」と思っている方も具体的な補償内容を把握・見直ししてください!

名古屋で収益物件を売却するなら!
おすすめ不動産会社BEST3
総合評価第1位
ホームプランナー

売り主の希望や予算に合わせて不動産が持っているマイナス要素の解消を提案、問題解決した価値の高い不動産として高値で売り出してくれます。

総合評価第2位
三井住友トラスト不動産

居住用不動産だけでなく、相続不動産や遊休不動産、投資用・事業用不動産の売却を「安全・安心・確実」の3つのキーワードに従って成功に導きます。

総合評価第3位
東急リバブル

数多くの不動産仲介実績を元に最善の販売計画を提案し、東急グループ独自の全国ネットワークと販売経路を使って、希望に合わせた売却をサポート。

ページのトップへ