収益物件を高く売る不動産会社選びについて「売却後のフォロー体制も万全か?」というポイントについてまとめました

選んだ業者は売却後のフォロー体制も万全か?

売却後のことも念頭におく必要がある

不動産の売却は、査定から始まってから購入者が決定し、売却契約を締結するまでの長い闘いになりますが、通常は引き渡しが終わればすべて完了です。しかし、収益物件に関しては、引き渡して終わりと考えていると思わぬトラブルを招くことになりかねません。

特に現在居住者がいる状態でオーナーチェンジする形での売却には注意が必要です。オーナーや管理会社が変わると、例えばこれまでキレイに保たれていた共有部分の汚れが目立つようになった、室内の設備が故障しても対応してくれなくなった、など入居者にとってこれまでになかったストレスがかかる可能性も出て来ます。

こういったトラブルを避けるには、賃貸借契約を解除してすべて空室の状態で売却するという手段も考えられますが、いずれにしても媒介契約を締結している不動産会社に相談することをおすすめします。特に大規模集合住宅の売買については、売却の際に取れる選択肢を提示してくれて、売却後もきちんとフォローしてくれる不動産会社かどうかをしっかりチェックしましょう。

管理という側面から物件の地域性を考慮できる不動産会社

収益物件の立地については、オーナーの自宅の敷地内やすぐ裏にあって入居者とオーナーが顔見知りというケースから、オーナーの居住地域とは遠く離れた他都道府県にあって管理は管理会社に任せっぱなしというケースまで様々です。

オーナーと入居者が近い関係にあった場合、オーナーが変わることで入居者に少なからず影響があることは想像できます。また、遠隔地の物件については逆に自ら様子を確認しにくいことから、オーナーの変更による管理会社の対応の変化といったトラブルに気付きにくいという問題があります。

いずれの場合も、トラブルにつなげないためには売却後の管理面でのフォロー体制が非常に重要です。こうした管理面でのフォローがきちんとできる不動産会社と媒介契約を結んでいる場合は、売却後の安心感だけでなく、管理面での知識から適正な査定を行ってくれるなど、売却におけるメリットがたくさんあるのです。管理という側面から物件の地域性を考慮した対応ができる不動産会社を選ぶというのも大事なポイントと言えます。

信頼できる地域密着型の業者を選ぼう

地域密着型の不動産会社がおすすめである理由については「収益物件を高く売る不動産会社選びについて」や「選んだ業者は様々な収益物件に対応できるか」などを参照していただきたいと思いますが、その他にもう1点。その地域で長年実績を挙げてきた不動産会社には地縁というものが存在します。これは顧客である私たちにとっても有用であると同時に、不動産会社自身にとってもとても大切なものです。それを簡単に捨ててしまうようないい加減な仕事との向き合い方はしていないという1つの証でもあると言えるでしょう。

不動産会社というものは、質の高い仕事をしているところから悪徳不動産会社まで本当に様々あって、私たちからはその実情が見えにくいため、自ら判断基準を設けてチェックしながら良い不動産会社を選ばなければ大きな損害につながりかねません。その最大とも言える判断基準が、地域密着で実績を挙げているかどうかだと思います。収益物件の売却に必要な提案力や課題解消力、他業者とのネットワークといった要素はすべて地域密着性と関わりがあるものばかりなのです。

そして不動産会社に良い仕事をしてもらうためには、こちらの意向をきちんと伝え、それを理解してもらい、できるだけ手の内を見せて相談することも大切です。逆にそれができない会社とは契約しないほうがいいでしょう。お互いに必要な情報を開示し合い、気になることを話し合っていける関係を築けなければ、不動産売却は成功しません。そのために良い不動産会社をしっかりと見極める力を身につけて、是非収益物件の売却を成功に導いてください。

売却後のフォロー体制で選ぶ
おすすめ不動産会社BEST3
総合評価第1位
ホームプランナー

売り主の希望や予算に合わせて不動産が持っているマイナス要素の解消を提案、問題解決した価値の高い不動産として高値で売り出してくれます。

総合評価第2位
三井住友トラスト不動産

居住用不動産だけでなく、相続不動産や遊休不動産、投資用・事業用不動産の売却を「安全・安心・確実」の3つのキーワードに従って成功に導きます。

総合評価第3位
東急リバブル

数多くの不動産仲介実績を元に最善の販売計画を提案し、東急グループ独自の全国ネットワークと販売経路を使って、希望に合わせた売却をサポート。

ページのトップへ