収益物件を高く売る不動産会社選びについて調べまとめました

収益物件を高く売る不動産会社選びについて

高く売ることばかりに固執しないで!

売却で起こるトラブルの多くは、売り手の「少しでも高く売りたい」という気持ちが強すぎることで起こるものです。初めての売買の場合は知識や経験の無さゆえに、大手や銀行系の不動産会社に任せっぱなしにしてしまったり、悪徳不動産を見分けられずにカモにされたりといったことが起こりやすいですが、これもすべて元をたどれば「高く売りたい」という気持ちに固執しすぎることが原因で、逆に損をすることを自ら呼び込んでいます。

例えば銀行系や大きな企業グループの一員である不動産会社は、買い手市場に対しても信頼がありそうで、高く売却する力を持っていそうです。しかしそういった会社が社会に対する責任と信頼を担保できているのは、「余計なトラブルを起こさない」という姿勢を貫いているからこそです。つまり、不動産売却に関して言えば、問題が起こらないということを第一に考えるという姿勢から物件が持つ課題を徹底的に洗い出し、その結果低い査定額をつけて売り手を理詰めで納得させます。できるだけ高く売るために課題の解消に取り組んでくれるようなことは残念ながらありません

悪徳不動産による高額査定同様、高く売りたいという気持ちが強すぎることは、結局は大手銀行系に任せて安く売ることになる、あるいは悪徳不動産に任せて放置されるという結果に陥ってしまう危険性をはらんでいるのです。

不動産の課題と向き合ってくれる業者が最優良

自分が所有している物件について事前にしっかりと把握していれば、査定額を提示されたときにどのくらいの価格が適正かというのはわかると思います。それをできるだけ高く売りたいというのは査定する不動産会社が物件の持つ欠点に気づかず、間違えて高い査定額を出して欲しいと願っているのと同じこと。本来できるだけ高く売るためには、物件の課題や欠点をしっかり見出した上でそれらを解消すること、買い手にとって魅力的な物件にすることが必要なのです。

しかし、査定の段階では上記のようにニセの高額査定をする、あるいは課題を洗い出すのみで低い査定額で納得させる、といった不動産会社が多いのが現実です。本当に売り手の立場に立って一緒に売却をサポートしてくれる不動産会社ならば、物件が持つ課題を発見し、解消するためにどのような方法があるかを提案してくれて、さらにその提案を実行してくれるのではないでしょうか

私が大手銀行系の不動産会社で痛い目を見た後に出会ったホームプランナーはまさにそういった不動産会社でした。こういった提案力と問題解決能力を持った不動産会社は多くないかもしれませんが、その地域で実績をしっかり挙げている地元密着型の不動産会社の中には必ずいると思いますので、所有物件のある地域でそういった不動産会社を探してみて欲しいと思います。

他業者との人的ネットワークが大切

物件の課題を洗い出し、それを解消するための提案をしてくれるという姿勢は本当に売り手にとっては得難いものですが、さらに言うとその提案を実行に移して実際に課題を解消する力も必要です。

特に収益物件に関して言えば、測量会社などの専門家やリフォーム会社といった他業者とのネットワークを持っているかどうかが大きく関わって来ます。こういったつながりはやはり実績によって生まれるものです。これもやはり、その地域でどれだけ多くの売買実績を挙げてきたかが鍵になってくるでしょう。

逆に言えば、地域密着型の不動産会社で多くの売買実績、特にこの場合だと収益物件の実績を挙げてきたかどうかをチェックすれば、物件に真摯に向き合ってくれる会社かどうかがわかるということです。「CMでよく名前を聞くから」「全国に支店を持っている大手チェーンだから」「銀行系の不動産会社だから資金的にも信頼できそう」といったような誰かが言っていた基準ではなく、自ら実績をチェックした上で信頼できる不動産会社を選ぶ力を、私たちもしっかりつけなければならないのです。

名古屋で収益物件を売却するなら!
不動産の課題と向き合ってくれる優良業者BEST3
総合評価第1位
ホームプランナー

売り主の希望や予算に合わせて不動産が持っているマイナス要素の解消を提案、問題解決した価値の高い不動産として高値で売り出してくれます。

総合評価第2位
三井住友トラスト不動産

居住用不動産だけでなく、相続不動産や遊休不動産、投資用・事業用不動産の売却を「安全・安心・確実」の3つのキーワードに従って成功に導きます。

総合評価第3位
東急リバブル

数多くの不動産仲介実績を元に最善の販売計画を提案し、東急グループ独自の全国ネットワークと販売経路を使って、希望に合わせた売却をサポート。

ページのトップへ